• ホーム
  • ED治療薬やAGA治療薬のフィナステリドと製薬会社

ED治療薬やAGA治療薬のフィナステリドと製薬会社

多様な薬と薬のケース

新薬の開発と言うのは膨大な開発コストがかかると言われていますが、開発コストがかかる理由と言うのは医薬品の有効性、副作用などを研究する時間が多くかかるため、全体のコストが多くなるからなのです。
また、新薬の開発は開発途中に競合する製薬会社にレシピなどが盗まれてしまえば、今までの苦労が水の泡となるため、開発途中の中で特許申請を行い医薬品の保護を行っていると言います。
尚、この新薬における特許期間と言うのはそれほど長いものでは無く、開発に多くの歳月がかかれば製造販売する期間も短くなる事になるわけです。
特許期間が切れた後は、他の製薬会社が同一の成分や製法によりジェネリック医薬品の製造販売が可能になるのが特徴で、新薬の開発のように膨大なコストがかからないジェネリック医薬品は低価格で購入が出来る事からも、利用されている人も多くいます。
所で、AGAの治療に利用されるフィナステリドには男性機能を低下させると言う副作用が生じてしまう事も在ると言います。
AGAは若い男性に多い薄毛と言う事からも、勃起不全などの症状が起きてしまうと子供を作ることが困難な状態になる事も在ります。
勃起不全と言うのはEDとも言われている症状で在り、簡単に言えば勃起状態にならない、若しくは勃起状態になっても射精が難しいなどの症状で在り、性行為が難しくなるため、子供を作ることが出来ない状態になってしまうと言う事です。
ED治療薬はバイアグラなどが有名ですが、日本国内ではバイアグラジェネリック品、シトラス、レビトラと言う3種類の医薬品が厚生労働省で認可を得ており、何れも病院での処方を受ける事が出来ます。
因みに、ED治療薬は服用後に性的興奮を受ける事で勃起状態を導くと言った特徴が在ります。

関連記事
人気記事一覧