OKサインを出す男性

ED治療を決めたら、性パートナーである妻には話しておいたほうがいいです。
血管に異常がない限り外科手術といった大きな治療になることはありませんが、治療薬を使う場合は後で揉めないように先に話しておきましょう。
ED治療薬は女性や胎児に対しては影響を与える心配はない安全な薬、と言われています。血管を広げる作用によって勃起をサポートする薬なので、本人に対してしか影響は出ません。
しかし、個人輸入で薬を購入した場合には偽物や粗悪品が届くこともあり、これを使うとパートナーや胎児に対してまで悪影響を与えてしまう恐れがあります。
偽物はただ粉が固められてそれをペンキの中に漬け込んで着色したものや、ED治療とは関係ない成分が入っているものなど、色々あります。
本物の薬だったとしても、埃をかぶった倉庫やアパートに置きっ放し、などといった管理ができていない粗悪品もあります。
海外の薬事情は日本人が思っている以上によくないので、信頼できる業者を選ぶことが大切です。
できれば、個人輸入ではなく国内の病院で薬を処方してもらったほうがいいです。受診するのは恥ずかしくて屈辱的かもしれませんが、こちらは医師のお墨付きがついているので安心して使うことができます。
本物の薬を使うなら妻に話す必要はないということではなく、できれば話しておいたほうがいいです。
パートナーの理解があると、ED治療は効率よく行うことができます。なかなか勃起できない夫をなじってきたり、馬鹿にする妻もいるかもしれないですが、事情を話して理解してもらえば、治療に協力してくれる可能性もあります。
ED治療は一人で抱え込まず、パートナーと二人三脚でやるのがベストです。

記事一覧

ED治療のために最も必要となるのは、精力増進のためにどのような対策をするのかということです。 ED治...

EDを発症してしまうと気持ち的に落ち込んでしまったり、前向きになれなかったりと抑うつ的な感覚になって...

喫茶店で話しているカップル

性行為の数時間前に服用することで効果を発揮するED治療薬の使用方法はいたって簡単です。 アルコールを...

多様な薬と薬のケース

新薬の開発と言うのは膨大な開発コストがかかると言われていますが、開発コストがかかる理由と言うのは医薬...

葉の上にある錠剤

パートナーとの性行為をスムーズに行えるようになる薬を選ぶ事こそ、ED治療には一番効果的です。 どれだ...

りんごの中にある薬

ED(勃起障害)になってしまったら、泌尿器科やED専門クリニックで診てもらうのが一番です。 しかし、...